読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のぶLab.

流しのソフトウェアエンジニアの雑記帳. Android, Scala, Clojure, Ruby on Railsなど

EmacsでOvertone演奏環境構築

OvertoneをEmacsで快適に演奏できるEmacs Liveというものがあるようなので、環境構築をしてみました

環境 Mac OS X Yosemite

Overtoneを使えるようにするまでは以下の手順を参考にしてください。

Overtoneを使ってClojureで音楽をcoding - のぶLab.

Emacs v24.4をインストール

現在、Emacs Liveはv24.3以上でないとダメなようなので、最新版をインストールします

$ brew upgrade
$ brew install --cocoa emacs

Emacsエイリアスを設定 .bashrcに以下を追加

alias emacs="/usr/local/Cellar/emacs/24.4/bin/emacs"

Setup

※ これは.emacs.dディレクトリを置き換える方法を取るので、普段使っている環境が壊れる可能性があります。必要があればVagrantなどを使って環境を分けるなど対応してください。

$ cd
$ git clone git@github.com:overtone/emacs-live.git .emacs.d

$ emacsコマンドでEmacsを起動 画面にAAでEmacs Liveと表示されていたらOK

OvertoneプロジェクトのREPLを起動

別ターミナルを開いて以下を実行

$ cd hogehoge
$ lein repl

EmacsとREPLを接続

以下のコマンドを実行

M-x cider [enter]

ホスト名、ポート番号を聴かれるので入力 hostname : localhost port number : [lein replで起動したREPLのポート番号]

Emacs上のREPLからOvertoneを使ってみる

user> (use 'overtone.live)
user> (use 'overtone.inst.piano)
user> (piano)

ピアノの音が鳴ればOK

あとがき

音を鳴らすだけならEmacsなど使う必要はないが、 Live Codingなどをする際にはEmacsなどの高機能な環境だと演奏も楽になるかもしれない。